スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

中日新聞杯予想

中日新聞杯予想
★オッズは9時30分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はユールシンギング。
突き抜けたジャスタウェイを別にすれば、初めての古馬戦だった前走は1キロ軽い2着アルキメデス、4着マイネルラクリマから0.4秒差と大きく負けなかった。3角から先に押し上げたダークシャドウを行かせる形で、仕掛け遅れて直線勝負になったような面もあるが、開幕週+道悪で経済コース有利の競馬だったことを考えれば、4角で一番外へ持っていく不利な立ち回りをした分のロスは見直していい。世代限定戦の実績だが、左回りは2-2-1-0/5ですべて上がり3位以内だから不得手という感じでもなく、2キロ貰えるハンデも手頃なので、展開が嵌れば一発あってもおかしくない。

 ラキシスは中山牝馬Sには登録もせずここ一本。2000m未満には出走したことが無いので、ヴィクトリアマイルが目標という訳でもなさそうだし、オーナーは三立化工機という地元企業の代表取締役らしいので、御前試合のここが勝負掛かりという可能性もありそう。前走で同タイムだったアンコイルドとはエイジアローワンス1キロとセックスアローワンス2キロで実質同斤だったが、月が替わってエイジアローワンスは付かなくなったので、3キロ差据え置きの今回は1キロ貰える形。

 トウカイパラダイスは中京で1000万→1600万を連勝、6走前の金鯱賞が0.2秒差4着、4走前の中日新聞杯が0.1秒差3着の得意コース。3走前の大阪杯が超強力メンバー相手にオルフェーヴルから0.4秒差4着。新馬1着はあるが、休み明けは6、7、2、4、5着なので、問題はポン駆けが利くかどうか。長休明けにしては乗り込み量が多くないので、最終追い切りの坂路一番時計が信用できるのか、急仕上げなのか。ただ地力的に通用してよく、ここまで人気薄なら押さえる価値はある。

 現4歳世代のダービー組は0-2-1-17/20で、まだ古馬重賞未勝利。キズナやエピファネイアは未出走だが、それほど故障馬続出という訳でないのなら、レベルの高い世代なら中堅馬がGⅡやGⅢを勝っていてもおかしくないが。ラブリーデイは小倉記念2着、金鯱賞2着があり、つまり連対できているのはこの馬だけ。ダービー組では最先着だが、休み明けの分とペドロサ替わりがどうなのか。次点で使われているレッドレイヴンを押さえておく。単騎逃げで変わり身を期待していたサムソンズプライドは大外枠が不利だろう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1114-86e67eff

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。