スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

AJCC予想

AJCC予想
★オッズは11時11分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はマイネオーチャード。
芝成績5-4-3-15/27のうち、牝馬限定は1-0-1-9/11、牡馬混合は4-4-2-6/16で男馬相手の方が合うタイプ。さらに直線の長いコースだと2-2-1-6/11だが、直線の短いコースでは2-2-1-0/5。複勝シェアは同じだが、アベレージだと全く違う。ステイゴールド産駒だし、前走の快勝ぶりからもこの条件はピッタリなんだろう。パワー勝負になったエリザベス女王杯で4着もあるし、重賞で通用する余地を見せていない訳でもない。絶好調という相手がいないなら一発あっても。

 ダノンバラードは時計の掛かる馬場巧者なので今回の条件は合いそうだが、如何せん近2走がいくらGⅠでも大敗し過ぎ。年明けの池江厩舎の采配からしてもルメールをトゥザグローリーで東上させるのに対して、ダノンは川田が降りて乗り替わりでは気配が薄い感じが。ルメールの騎乗馬は4頭だけで、6Rのキャロットファームが断然人気だが、500万平場を勝つための東上でなければ押さえておきたい。

 中山金杯組の斤量補正値を考えれば最上位はケイアイチョウサン。前回は大外枠からのイン差しだったが、今回は内枠を引いたので同じ一発勝負騎乗でもどれぐらいの位置に付けるか。ただ人気上位なので妙味は無い。ならばケイアイから0.2秒遅れだったが、直線で一旦先頭に躍り出るなど見せ場を作ったコスモファントム。結果的に差し馬の競馬になったし、内容的に悪かった訳ではないのに今回も人気薄。少し流れが向けば穴警戒。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1079-069ebc96

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。