スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日経新春杯予想

日経新春杯予想
★オッズは9時26分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はコウエイオトメ。
デビュー6戦目に一度凡走しているが、古馬になってから京都・阪神の芝2200~2400は1-6-1-0/8、上がり1位7回、3位1回。勝ち切れないタイプだが、すべて牡馬相手で安定感を示しているし、前走14着、4走前11着と凡走していて左回りは合わないので適条件に戻るのもプラス材料。ハーツクライ産駒は去年もカポーティスターが穴をあけているし、相手関係も重賞勝ち馬は2歳戦のテイエムイナズマと、牝馬限定のフーラブライドだけ。菊花賞2着のサトノノブレスと、有馬記念4着のラブイズブーシェがやや格上かという程度なら52キロのハンデで十分勝負になりそう。

 アドマイヤフライトも全成績5-3-1-4/13のうち、直線の長い2ターンコース限定では4-2-0-0/6、上がり1位4回、2位2回。京都芝も内回りを含めて2-1-1-0/4だから条件は合いそう。ただしこちらは昇級戦のGⅡ挑戦でハンデ56キロだから4歳55キロのサトノノブレス、5歳56キロのラブイズブーシェと同等の評価。アドマイヤが見込まれ過ぎているのか、GⅠ入着馬も大して強くないという表れなのか。

 ステラウインドは調教も良かったようだし、国内では関東圏でしか走っていなかった関東馬の初関西遠征。京都所属の前田幸治オーナー所有だけに使われ方を警戒して少し押さえておきたい。あとは近走で京都外回り2200m以上に連対歴のある馬に△。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1073-8b3da397

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。