スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

福島牝馬S予想

 ヤマニンメルベイユやサンレイジャスパーがいきなり58キロで、なんでベッラレイアが55キロになるのかよく分からんが、どうぞ勝って下さいと言わんばかりの恵ハンデなのは間違いない。
しかし問題は雨予報。
3走前に大敗したマーメイドSはダートコースにも水が浮く状態で、レース後のコメントは「馬の状態はよかったけど、ずっとノメっていました。馬場状態がすべてですね。」
今回は初福島に加えて多頭数の内枠、2000mならまだしも忙しい小回り1800mということで、あまり悪条件が重なるようだといくら実力上位でも安泰とはいかないだろう。

 中山牝馬S組が大敗してようが、条件馬であろうが、軒並み2~3キロ加増のハンデを課せられていることを思えば、去年の勝ち馬なのに1キロ増で済んでいるマイネカンナや、阪神牝馬Sから1キロ減のオディールあたりはお得感十分のハンデ。
ただしマイネは松岡から国枝厩舎での騎乗実績が通算1回(6着)の石橋脩にスイッチしている点で気配落ちの感は否めない。
ならば福島で当たっている北村友を起用してきたオディールを狙ってみるか。
橋口厩舎での成績がそれほど高い訳ではないが、福島に遠征する3頭すべてに北村友が起用されているシフトは悪くない。
詰めの甘いタイプではあるが、叩き2戦目でレースの格が下がる流れは初めてだし、ボトムハンデ、道悪とも好材料とくれば、相手関係的には通用して当然だろう。

オディール
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/107-abc9ee54

【2009/04/25 07:27】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。