スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

カペラS予想

カペラS予想
★オッズは10時49分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はスリーボストン。
前走はベストから1F長い1400mで別定58キロ。流れも追い込み向きだったし、番手先行の競馬で勝ち馬には2キロ与えて0.2秒差なら全く悲観する結果ではない。前走は3番人気の単勝5.9倍だったが、条件好転で8~10倍程度つきそうなら狙い目十分。前走は最終追いが坂路55秒4とやや軽めで+8㎏と余裕残しだったが、今回は中1週でも53秒7-13秒0と本来の時計を出してきた。輸送もあるし、絞れれば巻き返せそう。

 シルクフォーチュンは同じ東京ダ1600でもGⅠだと常に上位に好走できるのに、武蔵野Sでは凡走続きで毎回サッパリ。コースが同じでもレース特有の流れに左右されるタイプということなら、このレースは前年の勝ち馬だけに合う可能性はある。馬自体は格上の存在だけに嵌れば頭まであってもおかしくない。

 セイクリムズンも格上ではあるが、中央のダートで6Fのスピードを問われると少し厳しいか。交流重賞2勝のティアップワイルドは前走が距離、前々走がハンデ59キロと一応の敗因はハッキリ。ワイルドラッシュ産駒は中山ダ1200を得意としているので、この馬も条件好転での巻き返しがあればオッズ的にも手頃な穴馬。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1059-58b4a8ca

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。