スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

阪神JF予想

阪神JF予想
★オッズは9時38分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はハープスター。
焦点は久々の一戦で仕上がっているかどうかだけ。今年の新潟2歳Sは補正タイムやレーティングなどの指標も高いし、上位馬のその後の成績からメンバーレベルが高かったことも明らか。それらに楽々と3馬身差を付けた脚力を阪神でも再現できれば普通に1着候補。このレースに実績のある厩舎だし、2頭出しで主戦がこちらを選んでいる点を素直に信頼。初コースもコース調教馬なので右回り自体はそれほど問題ではないはず。

 フォーエバーモアはサフラン賞が道中3-8-7から1着。最内枠から先行しそうに出していきながら一旦下げて、3角辺りで一番外に持ち出してから差し切る味な競馬。2着ニシノミチシルベには0.2秒差。そのニシノが次走アルテミスSでマーブルカテドラルの0.2秒差3着。ここ3年は関東馬がヒモ穴をあける流れが続いており、厩舎3頭出しで、中でも騎手帯同のこの馬が一の矢なのは間違いなさそう。

 ピークトラムを物差しにするなら、ハープスターとホウライアキコは0.5秒、レッドリヴェールは0.8秒の先着歴。夏の3場の王者が無敗のまま激突するのがこのレースの大きな見所だが、レッドは調教後の馬体重が410㎏台に減っていたのが気になる。騎手もレッドだけは乗り替わり。岩田が香港出張で戸崎替わりになるが、アスカクリチャンが戸崎→岩田なのでそこはバーターということなのか。

 マジックタイムは未勝利勝ちが4角18番手から次位を1.6秒上回る上がりで追い込んだプチハープスター。宮崎→杉原→杉原ときて、ここでベテランの後藤替わり。一週前、当週と追い切りにも跨っているようなので、3戦連続で最速上がりの末脚をうまく引き出してくれれば一発あっても。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1058-0ed4f020

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。