スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スワンS予想

スワンS予想
★オッズは10時27分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 過去10年で3連複は万馬券7回、10万馬券3回、4桁以下の配当は一度も無し。馬単も万馬券が8回あり、要は全く堅く収まらないレース。その割に単勝は6年連続で3桁配当が続いているので、軸馬選びでは振り回し過ぎない方がいい感じか。

 本命はラトルスネーク。
13走前の500万勝ちの2着以下がロードカナロア、ダコール、エリンコート、不良馬場で距離の長かった9走前の白百合S2着の上位がマイネルラクリマ、ギュスターヴクライ、ムスカテール。素材的には十分通用する馬がようやく重賞戦線まで上がってきた。白秋S勝ちから昇級戦でスワンSのローテは去年3着のアドマイヤセプターと同じだが、道中10-10-6と番手を上げながら最速上がりで4馬身突き抜けた勝ち方のインパクトはこちらが上。ゲートの不安はあるが、2走前のような大出遅れでなければ致命傷にはならないのでは。

 3連複万馬券が前提なら残りの2席を人気馬で埋められないw
スプリンターズSと同じ3番と大外に入ったアドマイヤセプターとマジンプロスパー。枠なりのコース取りで前者は4角最内、後者は大外から4、5着と掲示板確保でマジンが先着。アドマイヤの前を走っていたマヤノリュウジンが穴をあけたように経済コース有利の競馬だったなら距離ロスのあったマジン評価となるところだが、最終追い切りを比べると時計が掛かっているのは馬場の分として、前走と同じように最後まで加速ラップを踏めているアドマイヤの方に好感が持てる。前走クビ差なら逆転があっても。
 アドマイヤセプター 09/25 栗東坂良 51.8 37.8 24.7 12.2 稍一杯
 10/23 栗東坂稍 53.0 38.8 24.9 12.3 末強目
 マジンプロスパー 09/25 栗東坂良 51.8 37.5 24.1 12.0 馬ナリ
 10/23 栗東坂稍 52.9 38.5 25.1 13.0 叩一杯

 先週日曜最終の桂川S(1600万)が馬場差+0.4で1分09秒0。不良の発表ほど馬場レベルが悪化していた感じはないので、今週も不良であれ、重であれ、極端に時計が掛かることはなさそう。血統で狙うならダイワメジャー。芝1400成績では馬場が悪化してもアベレージが落ちないタイプで、特に少し時計が掛かるぐらいのコンディションが好成績。内めが残るAコースでスムーズに先手が取れれば母父トニービンのコパノリチャードが粘り込んでもおかしくない。
  着別度数 勝率 連対率 複勝率
 馬場差マイナス 22-24-18-128/192 12.5% 24.0% 33.3%
 馬場差プラス 6-5-5-30/46 13.0% 23.9% 34.8%
 馬場差+0.1~+0.5 5-4-5-15/29 17.2% 31.0% 48.3%

 あとは◎と人気サイドに付けても3連複が万馬券になるサダムパテック、▲同様に先行して残り目警戒でテイエムオオタカまで。芝1200~1600の古馬オープンでの3歳馬成績は1-0-3-29/33と不振傾向。荒れる前提なら中途半端に人気になっている3歳馬は飛んでくれる方向で。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1043-9bcf1ccc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。