スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

菊花賞予想

菊花賞予想
★オッズは9時05分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 エピファネイアの力が一枚上なのは間違いないが、内枠を引いて馬群の中で折り合いがつくのか、揉まれるポジションで消耗してしまうのか。距離延長自体が歓迎材料ではないだろうし、ダービーで行きたがって3角で躓いた件もあるだけに盤石という訳ではないだろう。同配合のユールシンギングは新潟で重馬場勝ちがあるが、データ的にシンボリクリスエスやスペシャルウィークが特別道悪巧者という訳でもないので、馬場を苦にする可能性も無くはない。前走単勝1.4倍→今回1.8倍は能力断然ではあるが、絶対視はできないというニュアンスではないか。
 参考 ゴールドシップ 神戸2.3倍→菊1.4倍
 オルフェーヴル 神戸1.7倍→菊1.4倍
 ディープインパクト 神戸1.1倍→菊1.0倍

 本命はアクションスター。
菊花賞でアグネスタキオンを狙うのもどうかだが、道悪でアグネスタキオンを狙うのは悪い筋じゃない。神戸新聞杯ではエピファネイアの後ろを追い掛けるように外から上がっていき、直線では一旦2番手に浮上して見せ場を作った。経済コースのサトノノブレスには逆転されたが、マジェスティハーツのような直線一気ではなく、勝負処の機動力を示したのは本番に向けてプラス。春は京成杯のダメージが尾を引いたらしい。言われてみればそれはそうかも。あの時はマイネルマエストロは追い切り無しで再輸送していたが、アクションスターは一旦帰栗してからまたCW83秒1-12秒2の時計を出して再輸送→2着激走だった。前走を見る限り復調気配は十分なので、叩かれた上積みがあれば一発あってもおかしくない。

 ダービーフィズは2代母サトルチェンジがマンハッタンカフェの母だし、3代母がSanta Lucianaなのでアドマイヤジャパンの近親。ラストインパクトは2代母パシフィカスがビワハヤヒデ、ナリタブライアンの母と、それぞれ複数の菊花賞連対馬を近親に持っている。タマモベストプレイは3代母がロイヤルサッシュなのでサッカーボーイ、ステイゴールドの近親。彼らは種牡馬として複数の菊花賞馬を出している。血統で狙うならこんなところか。タマモベストプレイは神戸新聞杯でも掲示板に残っているし、ここまで来て今さら距離で嫌ってもしょうがないだろう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1042-9d5ca3d1

【2013/10/20 09:38】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。