スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スプリンターズS予想

スプリンターズS予想
★オッズは7時28分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はロードカナロア。
前哨戦は2キロ与えて僅差負けも3着には3馬身以上の差。調教も順調だし、横並びの定量戦も戻れば軸不動でしょう。

 ハクサンムーンはここでまたマイペース逃げが叶うかは微妙。5走前にHペースのオーシャンSで沈没した履歴があるし、馬場も前日を見る限り外差し傾向だったので、人気サイドで崩れるとしたらまずこの馬が候補。グランプリボスの安田記念は出遅れ、道中掛かり、直線壁と大敗も致し方なしの内容だったが、別路線組のワンツーに加えて、牝馬路線組のマイネイサベルや短距離路線組のサクラゴスペルに掲示板を押さえられ、マイル路線自体の低レベルを印象付けた一戦でもあった。血統や掛かる気性から距離短縮はプラスに見られるが、低レベルに乗じたものなら近走の実績は鵜呑みにできなくなる。スティンガー、ペールギュント、ラインクラフトなど初距離のスプリントGⅠで馬券になった馬はいるが、ロードカナロア級を相手に頭を狙うとなるとどうか。

 ドリームバレンチノは元々が平坦コース巧者なので、休み明けの坂コースならパフォーマンスを落とすのは想定内。GⅠになると昨秋、今春と坂コースでも好走できているので厳しい流れは合うはず。叩かれた上積みがあればハクサンムーンを逆転することは十分可能。サクラゴスペルは8秒台の持ち時計なので、まず時計対応できるかがカギ。GⅠではワンパンチ足りない入着タイプの可能性もあるが、中山芝1200に勝ち鞍がある馬が3頭しかいないメンバーなので、2勝+重賞勝ちのコース適性はプラス材料になる。

 スプリンターズSが秋に移動されてからの4角先頭馬の成績は6-2-1-4/13、勝率46.2%、複勝率69.2%、単回2453、複回432。逃げ馬探しが穴馬を見つける初手のレースだが、今年は馬場が外差しっぽいのと、目標になりそうな人気馬が前に来る点でどうか。残るならフォーエバーマーク。キーンランドCでは好位勢総崩れの展開で逃げ切り。4回函館は馬場が悪すぎて逃げ切りが頻発していたが、パワーの無い馬が4角で早々に脱落するシーンも多かった。急坂コース向きの馬力が強化されているなら最後の踏ん張りが違ってくるかも。

 宮記念では最速上がりタイの脚で届かなかったスギノエンデバーとサンカルロ。GⅠ級の底力という点では足りない感じもあるが、ハクサンムーンのマイペース競馬が嵌らなかった面もありそう。夏場は合わないコース、馬場、ハンデ戦で不発が続いているが、スギノは高速上がり自体は安定して使っているし、サンカルロの前走もノーカウント。外差し馬場でHペース前崩れになれば3着の目が無いとは言えない。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1036-0148faaa

【2013/09/29 08:31】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。