スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

小倉2歳S予想

小倉2歳S予想
★オッズは10時52分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 その前週にも不良で1分07秒7が出ていたが、前日メインの1分07秒5は重・不良限定の日本レコード。小倉はどれだけ雨が降っても一向に時計が掛からない。一方で函館最終では芝2000mで2分15秒2も掛かる逆日本レコード。上がり59秒1-45秒0って何mのことを言ってるのか分からなくなるが、なんでこんな両極端な馬場になってしまうのかw

 本命はホウライアキコ。
レコード勝ちのデビュー戦は34秒0-33秒8。ハナに固執するタイプだと前日の二の舞だが、小倉2歳Sで前走の脚質のまま好走するような馬は少数派で、新馬では多い逃げ切りや先行抜け出しだった馬が大なり小なり戦法を変えてくるのが定石。その点で後傾ラップを踏めているのは差しに回る布石としてプラス材料では。距離ロスを強いられない好枠を引いたし、時計の裏付けもあるので中心視。

 ベルカントの新馬は33秒7-34秒7の前傾戦。控えると外を回らされそうな枠順なのでこちらの方が立ち回りは難しそうだし、新馬の2着以下の勝ち上がりを考えると◎が上の評価で。ノースヒルズは新潟記念が2頭出しだが、武豊はトレイルブレイザーに手戻りせずに小倉だから、こちらに色気があるのかとも思うが。

 ハッシュは芝替わりの前走が好時計勝ち。藤岡康は父親の厩舎のサンシャインで新潟に回る手もあったと思うが、それを降りて小倉選択。単に先約だっただけ、ということでないなら買い材料になりそう。同様に川島も新潟のファタモルガーナではなくベルルミエール。このクラスの騎手がオープン馬のお手馬を手放すとは思えないが、クラブ馬なのでこちらは馬主の意向が働いた可能性も無くはない。とはいえ前走より調教時計を大きく詰めて古馬1000万に併せ先着と状態は上がっていそうなので。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1030-fb338bc7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。