スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

新潟記念予想

新潟記念予想
★オッズは8時14分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はダコール。
トレイルブレイザーは58キロで新潟向きの高速上がりが使えるか微妙、エクスペディションはやや本調子を欠いているようなので、そうなると順番的に次に来るのはこの馬。前走は前残り、2走前は内伸びで大外回し、3走前は直線で不利があった。入着止まりで終わるケースは多いものの、速い時計にも速い上がりにも対応できるのでコース替わりは悪くない。ラッキーバニラがまた飛ばすかも知れないし、ニューダイナスティも2000mで普通に先行して高速上がりとはいかないタイプなので逆にスローは嫌いたいはず。意外と今回は展開も向くかも。

 前走新潟芝2200で特別勝ちした馬は、サンプル5頭でレニングラード、ヤマニンアラバスタ、サンライズベガが連対している。前走条件戦組は全体で1-3-0-28/32(過去10年)なので占有率も高い。今年の該当馬はカルドブレッサ。3走前には格上挑戦でGⅡ4着。ここでも通用する素地はある。

 ファタモルガーナの前走は出遅れて後方から。向正面から押して叩いての競馬で距離不足を感じさせたが、ダコールと同じく内伸びの大外回しでよく差を詰めていた。新潟芝2000は1戦1勝だが、勝ち時計は2分00秒3。高速決着に対応できるかは未知数だが、この距離なら小回りコースよりは競馬しやすいだろう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1029-720c3710

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。