スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

札幌2歳S予想

札幌2歳S予想
★オッズは8時03分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 札幌記念の上位が函館記念の1~3着馬+クイーンS1着馬、キーンランドCの上位が函館スプリントSの2~4着馬+UHB賞1着馬。すでに馬場が特殊な状態だけに函館未出走の転戦組よりも同コース好走歴を重視か。

 本命はオールステイ。
新馬戦は前半に13秒台のラップは出ているが、3分割タイムは37秒7-37秒4-37秒3のフラットバランス。上がり5Fは12.4 - 11.9 - 12.3 - 12.2 - 12.8のロングスパートで、それを最速上がりでまとめての逃げ切り。2、4着馬は次走で勝ち上がっているので(3着馬はまだ出走なし)相手がそう弱い訳でもなかった。去年こそ高速馬場の上がり勝負になったが、それ以前の札幌2歳Sは持続ラップやロングスパートを勝ち上がってきた馬が強いレースだったので、中盤が締まったラップを踏んでいる点を評価。父Cape Crossはロジユニヴァースの母父でもあるので、時計の掛かる馬場も合いそうなイメージ。今回は内隣りにサングラスが入ったので、逃げに固執するならそれをどう捌くかがポイント。

 コスモス賞は3分割タイムが35秒8-39秒6-36秒3の中弛みラップなのでバランス的に高評価という訳ではないが、同コース実績重視という点からはラフィアンの2騎が次点。どちらを上に取るかなら上がり3FのV字ラップしか経験していない瞬発力寄りのフロストより、新馬でワンペースの上がり4Fを番手抜け出しで5馬身ちぎったレヴィルの方で。あとは馬場がより悪化したここ2週で成績のいいステイゴールド産駒、ネオユニヴァース産駒が押さえ。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1028-25bddfd7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。