スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

関屋記念予想

関屋記念予想
★オッズは11時14分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はジャスタウェイ。
コース実績のある能力上位馬が56キロで出走できるし、調教も坂路で上がり2F24秒台を3本、当週と2週前はラスト1F最速で乗られていて前走より好仕上がりが見込め、鞍上もオーナー主戦格の福永で継続と勝負気配は悪くない。昨日の脚質傾向を見ると4角5番手以内の馬が馬券に絡んだのは1Rの2歳未勝利(牝)だけ。後方からの追い込みがバンバン届くという状況ではないが、先行馬から入るのは得策では無さそうなだけに脚質も合う。直線の長い左回りの1600~1800mが1-3-0-2/6とスイートスポット。2回の着外は不良馬場とGⅠなので、適コースの良馬場GⅢなら軸に据えていいのでは。

 ドナウブルーはヴィクトリアマイルで108を稼いでいるし、同じ直線平坦のマイルCSで112があるのでレート的には今年もトップの存在だが、去年ほどの勢いは無い感じだし、同じ牝馬のエイシンリターンズと叩き合って後続を離す展開になるほど今年のメンバーが薄いとも思えないので、好位差しの脚質も含めて流れが向くかどうか。

 レッドスパーダは前走が強かったし、京王杯は前に行った組が重賞で巻き返しているので悪い負けではなかったが、今回は差し馬場という点で脚質的に逆風なので。展開の味方があれば①-⑫の線まであるかも。レオアクティブは地元馬主。高速馬場は大丈夫だし、決め手もあるが、直線の長いコースだとマイルは少し長い感じもするだけに。フラガラッハは急坂コースに実績に寄っているので新潟替わりがどうか。この辺りが能力上位だろうが、実績や適性と条件がドンピシャという馬が意外といないので、どれを上に取ればいいのかが微妙。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1024-ce341e72

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。