スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

函館記念予想

函館記念予想
★オッズは8時08分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 傾向的には、過去10年の馬番③~⑥が9-4-3-20/36、⑬~⑯が0-0-1-22/23(札幌代替分除く)で内枠有利。前日の函館芝6鞍で馬券に絡んだ18頭中15頭は3角4番手以内で、先行馬またはその直後から動ける馬が有利。血統的には一昨年がマヤノトップガン産駒のワンツー、去年が母父リアルシャダイとマヤノトップガン産駒で決まるなどロベルト系が好走。

 本命はレインボーダリア。
全成績6-4-7-13/30のうち、北海道が4-2-3-2/11と洋芝巧者。ブライアンズタイム産駒。3枠5番の好枠。今の鞍上に固定されてから前には行かなくなったが、マイルを使った近2走の前半3Fが35秒5と36秒0。近年の勝ち馬の入りが35秒7~36秒0のレンジなので2F延長を利して中団には取り付けるはずだし、今年の馬場ならもうワンポジション前が取れれば尚良し。実質トップハンデは克服可能と見るが、目標が次のクイーンSとも考えられるので、勝つ気で仕上げているか、勝つ気で乗るか、というところ。

 トウカイパラダイスはGⅠ級が揃った大阪杯でも0.4秒差4着。同じハンデ56キロで4着だった去年より枠が外になったし、芝2000は0-0-2-4/6で非根幹向きな面もありそうなので、相手弱化で条件有利でも勝ち切れるとは言い切れないキャラ。前に行ける脚質だし、能力的にもきっちり上位には来るはずだが。

 巴賞当日の古馬500万の芝1200が1分08秒6、先週の2鞍がともに1分09秒3、前日が1分09秒7だから、馬場レベルは結構急速に悪化しているかも。巴賞は巻き返しの利く前哨戦だし、距離、斤量、馬場が替われば着順の入れ替わりがあってもおかしくないが、ただ母父ブライアンズタイムのメイショウウズシオは大外枠、前傾戦を早め先頭で粘ったモズも外枠に入った。ハンデは有利になるが、立ち回りのロスは強いられそう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1015-c1774945

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。