スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

七夕賞予想の後出し

 全然分からない時は血統で狙ってみるのも一興。
最近はニジンスキー系内包馬がかなり強い。ミスプロ系も強い。アスカクリチャンはミスプロ×母母父ニジンスキー、ドモナラズはミスプロ×ニジンスキー、アルコセニョーラは母がミスプロ×ニジンスキー、ミヤビランベリは母父ニジンスキー、ミストラルクルーズはミスプロ×母母父ニジンスキー、サンバレンティンは父スペシャルウィークが母父がニジンスキー、メイショウカイドウは父がミスプロ×ニジンスキー、コンゴウリキシオーは母がミスプロ×ニジンスキー。該当馬は他にもいるだろうから何でも走る訳ではないだろうが、この2ラインを持った馬の上位占有率はけっこう高い。

 綺麗に当て嵌まるのは母がミスプロ×ニジンスキーのトレイルブレイザーと、母がニジンスキー×ミスプロのオートドラゴン。ただ前者は勝負掛かりで北村宏?というのもあるし、古馬になってからの実績を見るとハンデ58キロで小回りコース対応がどうなのか。

 本命はタガノエルシコ。
母タガノピアースはNijinsky3×4で、母父がCrafty Prospector。タニノギムレット産駒の半姉タガノティアーズは準OPの芝で2着2回があるダート4勝馬。本馬はダート出走歴は無いが、同じロベルト系のマヤノトップガンに父が替わってもパワーや持続力の要素は持ち合わせているはずで、初福島で一変があるかも知れない。5走前の中山金杯が最後方ポツンから大外を回して0.6秒差9着。後傾ロングスパートになって最速上がりでも届かなかったが、小回りGⅢでも噛み合えば一発ありそうなところは見せた。厩舎2頭出し、福島出身の田辺替わりで一発期待。



 途中まで予想文を書いてたんだが、去年までは最終週の荒れ馬場施行だが、今年は2週目開催で前日の時計が速かったので傾向が変わるかも!?、と思ってしまった…orz そうなると全く狙い馬が絞れずスルーしてしまったが、まさか2-10のワイドで150倍強とは…
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1014-678597a8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。