スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

宝塚記念予想

宝塚記念予想
★オッズは8時24分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はゴールドシップ。
直線の短いコースは5-2-0-0/7。フェノーメノの2-0-0-2/4、ジェンティルドンナの1-1-0-0/2より多い出走回数で連対100%を外しておらず、小回りコースは得意。馬券を外した2回は直線の長いコース+高速馬場という条件で、軽い馬場でのスピード比べでは優位性が失われるタイプなんだろう。神戸新聞杯と菊花賞は前記条件でも勝ち切っているが、世代限定戦で春のクラシック上位馬がごっそり抜けた相手関係が大きかった。今回は直線の短い阪神内回りだし、週中の雨の影響で前日は時計の掛かる馬場だった。乾いても流石に高速馬場までは行かないだろうから条件はかなり好転。シルポートがいるのでSペースも無いだろうし、機動力とスタミナを活かせる展開になれば巻き返してもおかしくない。

 フェノーメノは6着に負けた弥生賞以降は軽い馬場しか走っていないので、ゴールドシップより高速馬場適性が高いのは分かるが、今回の条件でパフォーマンスが下がる可能性が無いとも言い切れない。弥生賞は内伸びで外を回らされた面もあるので一概に馬場適性だけで負けた訳ではないだろうし、母父Danehillだから馬力もあるんだろうが、単勝以外はゴールドシップより人気上位だけにそこはギャンブル的に一枚割引で。それでも勝つのは過去4年で春秋のグランプリ3勝ずつのステイゴールド産駒だろうと。

 東京芝2400でやればジェンティルドンナが一番強いだろうが、そういう馬が勝ち切れないのがグランプリだし、海外遠征帰り初戦のローテ、東京芝2400なら5馬身ちぎったヴィルシーナ相手に最も苦戦したのが小回りの秋華賞だったことからも能力全開の舞台ではないだろう。右回りではまだ左回りの時ほどの爆発的なパフォーマンスを発揮していないので、56キロで凡走するシーンもあり得なくはない。ここは古くからの馬券格言に則って牝馬の1番人気は過信しないスタンスで良さそう。

 ナカヤマナイトはステイゴールド産駒だが、過去成績を見ると単純に速い馬場はダメだし、遅い馬場でも時計レベルの高いレースでは凡走している。時計的に凡戦になれば浮上しそうだが、しっかりしたペースメーカーがいて、GⅠ級の馬が本番仕上げという条件では分が悪いのでは。穴はトーセンラーがやっぱり京都外回り専用機だった場合にダノンバラードまで順番が回ってくるかどうか。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/1008-7d632d15

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。