スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エルムS予想

エルムS予想
★オッズは10時17分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 前日最終の古馬1000万が1分43秒7。過去20戦のクラス平均が1分45秒22だから、時計一つ半速いタイムが出ている。古馬OPの同期間のクラス平均が1分43秒78だから、湿ったままの馬場状態なら高速決着は必至。コースレコードの1分41秒7に迫る時計が出る可能性も十分ありそう。

 本命はエーシンモアオバー。
ここ2年は特に地方行脚が続いているが、2着だった去年のエルムSが馬場差-2.3(重)の時計勝負で1分42秒0のレコード。函館開催ではあったが、56キロだった1着フリートストリート、3着ブライトラインには2キロ与えていたし、中央の重賞レベルでも高速決着に対応できるところは十分見せた。休み明けの前走は大外枠からハナに行って、向正面で捲られる展開になりながら0.6秒差。斤量差も加味すればそれほど負けていない。叩かれた今回、ハナでマイペースなら変わり身があってもおかしくない。

 ジェベルムーサは全5勝の馬場差が±0、±0、-0.1、+0.6、-0.3。少し速くなると取りこぼしている傾向でもあり、標準馬場向きの時計が普通に掛かった方がいいタイプのよう。1番人気で飛びつくタイプでは無いのかも。

 アスカクリチャンはスターリングローズ×ダイナレターで字面の血統はどう見てもダート馬。母ローレルワルツも半兄ナムラマハラジャもダート馬だし、普通にダート替わりで狙おうと目星を付けていたらこんな歳になってしまった。芝で重賞を勝てるぐらいのスピードは最低限あるはずなので、道悪自体も悪くないはず。初ダートに対応できれば。

 ソロルは7走前の準OP勝ちが高速京都の1800mで48秒台。5走前のOP特別勝ち、3走前のGⅢ勝ちがともに重馬場だし、10走前に小倉でも勝っていて小回り対応も問題無さそう。軽い馬場巧者ならここでも有力馬の一頭に数えられるだろう。
 
スポンサーサイト
タグ :

中京記念予想

中京記念予想
★オッズは7時58分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はダイワマッジョーレ。
2連覇中のフラガラッハはコース適性上位とはいえ、格的に古馬GⅡ級の地力があるかといえば成績的にそうは言えない。過去2年はドナウブルー、トライアンフマーチ、ダノンヨーヨー辺りに1キロ貰えていたが、今年は左回り巧者でもあるクラレント、ダイワマッジョーレと同ハンデなので条件的には厳しくなった。初コースのクラレントは最内枠の先行脚質がどうかという所があるので、相対的に優位に思えるのはダイワマッジョーレ。左回りは3-2-0-1/6で連を外したのは0.7秒差9着だった5走前の安田記念だけ。金鯱賞2着でコース経験はあるし、過去2年の成績では軽ハンデ馬はほとんど来ない実績馬寄りのレース。4番人気で8倍つくなら狙いごろだろう。

 サトノギャラントが上がり2位以内を外したのは18戦中、新馬、芙蓉S、青葉賞の3回だけ。バンクコースの中京で外枠を引いたし、差せる流れになればという感はあるが、重賞は4、6、13、6、4着で実績的にはOP特別級。人気先行タイプの1番人気でハンデが56キロ。GⅡ級の人気馬から1.5キロ貰うだけで買えるかというところ。

 それならクラレントより枠順は有利に思えるサダムパテックが能力上位だが、中山&阪神よりも東京&京都で好走できるタイプなので、初コースをこなせるかどうかだろう。東京&京都の非GⅠなら58キロでも6走前のスワンS、8走前の京王杯SCでそれぞれ0.3秒差とそこそこには走っている。マジェスティハーツは好相性の森騎手に手戻りするのが好材料。クロフネサプライズは長休明けの阪神牝馬Sが0.2秒差。格下げ戦の古馬GⅢでどれぐらいやれるのか試金石。
 
タグ :

函館記念結果

函館記念結果
4角位置=「最」は最内、「大」は大外
〔制裁〕 アドマイヤタイシ号の騎手岩田康誠は,発走後まもなく内側に斜行したことについて過怠金50,000円。(被害馬:10番)
 ダークシャドウ号の騎手N.ローウィラーは,最後の直線コースでの御法(鞭の使用)について戒告。

ペース  M
通過タイム   35.8 - 47.8 - 59.6 - 1:11.3 - 1:23.3 - 1:35.1 - 1:47.4
ラップタイム  12.3 - 11.3 - 12.2 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 12.3 - 12.7
(03) 出遅れ 1馬身 不利
(10) スタート直後 躓く 不利

=過去5年との比較=
開催優勝馬性齢斤量時計ランク完T差馬場差補9レート次走
142函6ラブイズブーシェ牡5 56 2001EC+1.0-1.0112109 
132函4トウケイヘイロー牡457.51586CC-0.1-1.4120111札幌記念1着
122函6トランスワープセ7 54 2004DD+0.6-0.3110104新潟記念1着
112函4キングトップガン牡8 54 2003ED+1.1-0.9108105札幌記念12着
102函4マイネルスターリー牡5 56 1585CD-0.1-1.5116109札幌記念6着
091札12サクラオリオン牡7 56 2006DC+0.8-0.6109106札幌記念3着
 
タグ :

函館2歳S結果

函館2歳S結果
4角位置=「最」は最内、「大」は大外

ペース  H
通過タイム   34.1 - 46.1 - 58.0
ラップタイム  12.1 - 10.6 - 11.4 - 12.0 - 11.9 - 12.2

=過去5年との比較=
開催優勝馬性齢斤量時計ランク完T差馬場差補9レート次走
142函5アクティブミノル牡2 54 1102DC+0.7-0.7 89103 
132函6クリスマス牝2 54 1096CC±0-0.7 91103アルテミスS7着
122函5ストークアンドレイ牝2 54 1104DC+0.3-0.2 87102ファンタジーS10着
112函8ファインチョイス牝2 54 1108DC+0.5±0 87102ファンタジーS3着
102函8マジカルポケット牡2 54 1112EC+1.1-0.2 84102朝日杯FS15着
092札4ステラリード牝2 54 1097CC±0-0.5 86102ファンタジーS6着
 
タグ :

函館記念予想

函館記念予想
★オッズは10時02分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はラブイズブーシェ。
実績的には全5勝中4勝が2000m、その内3勝が小回りコース、また古馬戦で函館コース2勝はこの馬だけだから条件は合うはず。函館施行だった札幌記念では大敗しているが、あれは前に行かないとどうしようもない馬場でスタート直後に不利があって後方からになったものだからノーカウント。去年の福島記念はGⅢとしては高レベル戦だったし、そこから有馬記念入着にも繋げているので、前走の目黒記念2着で復調してきたならここでも好勝負に持ち込めておかしくない。

 シゲルササグリはその福島記念で◎から0.1秒差、福島民報杯では0.5秒差、鳴尾記念ではアドマイヤタイシから0.3秒差。ここまではいずれも同斤。そして前走では1キロ貰って海外帰り初戦のアンコイルドに0.2秒先着。GⅢならそこそこのところまでは何度も来ているので、ハンデ54キロでもう一押しが利くなら一発あっても。

 アンコイルドは去年と同じローテで巴賞から。0.8秒差8着から函館記念2着と変わり身を見せた去年に比べれば、今年は6着といっても0.3秒差だからそれほど大負けしている訳ではない。順当に叩かれて良化してくるなら前進がありそう。トウカイパラダイスは重賞成績が0-2-2-3-2-5/14。入着率が高くて適距離での大崩れはほとんど無いが、その割に馬券圏内にはそれほど頻繁に届かないので、前走のような過剰人気では中心視したくないタイプ。今回は6番人気辺りなのでそれなら押さえには。両馬とも古馬GⅡで何度も馬券になるぐらいだから地力自体は足りるはず。

 グランデッツァは連対距離よりも1F長く、連対斤量より1.5キロ重い条件がどう出るか。適性的に問題無いならこなせてもおかしくないが、馬によっては世代限定戦の実績がノーカウントになるケースも珍しくない。こなせていた高速馬場で走らなくなったり、ストレッチコースで走らなくなったり、適距離がシフトしたりと色々変化する。アドマイヤドンやヴァーミリアンのように2歳時なら未来のダート王が芝で重賞を勝てたりもするだけに、高速京都の外回りで超抜レコード勝ちしてしまう馬を函館芝2000で狙えるか、というところ。
 
タグ :

函館2歳S予想

函館2歳S予想
★オッズは6時58分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はスルターナ。
近5年の勝ち馬はすべて前走新馬1着で、その完全タイム差は-0.7、+0.5、-0.5、-0.7、-0.9。10年のルリニガナ(-0.7)は3着止まりだったが、総じて高い時計レベルで勝ち上がった馬の中から勝ち馬が出ている傾向。今年の該当馬は-1.0のマイネルエスパス、-0.9のスルターナ、-0.7のアクティブミノルの3頭。中でもスルターナは父がキングヘイローで2代母がモガミヒメだから、06年にこのレース2着だったローレルゲレイロに近い配合。この系統はトキノフウジン、ゼフィランサス、キタサンイナズマ、リキサンマックスなど、キングヘイローと好相性を示しているので、新馬を好時計勝ちした◎が“当たり”なら重賞に手が届いてもおかしくない。前走が芝1000mの馬は過去10年で2-0-1-5/8だからアベレージ的に減点材料にはならないが、着外の5頭はすべて2桁着順なので、ピンかパーかという結果にはなるのかも。

 地方馬のせいか、タケルオウジがかなりの人気薄。父スウェプトオーヴァーボードの産駒はこのレースに4頭出走して5、(4、2)、5番人気で、3、(6、2)、2着。札幌開催だった09年の2頭を別コースとして除いても好成績だが、洋芝コースの短距離戦、施行時期を加味した早熟性で考えるなら合算して差し支えない感じも。加えて2代母エンゼルカロは99年のこのレースの勝ち馬(当時は函館3歳S)だから、血統的には一発あってもいい背景は持っている。

 前走他場1着の中央馬は過去10年で0-0-4-15/19。複勝率が2割あればアベレージは同場組と遜色ないし、ディーハーフ、トーセンシルエットと近2年続けて馬券になっているので、3連系のヒモには警戒が必要だろうか。クールホタルビは小牧太帯同で北海道入り。410㎏台の牝馬の中2週ながら、一週前に坂路52秒台を出して輸送、当週に函館Wで5F65秒台だから、反動が無さそうなら意欲的な調整を買う手も。

 母父ナリタブライアンは北海道2場の平均勝率が17%に対して、その他8場のそれが4%台とギャップが大きいタイプ。時計が速くなり過ぎると苦しくなりそうだが、そこそこの決着で洋芝適性が活きてくるならグランドポピーにもチャンスが出てくるか。連勝系馬券では7~8番人気程度なのに、単複4番人気とオッズにもギャップで出ているので、穴で押さえておいても。
 
タグ :

プロキオンS結果

プロキオンS結果
4角位置=「最」は最内、「大」は大外

ペース  M
通過タイム   34.7 - 46.5 - 58.5 - 1:10.3
ラップタイム  12.2 - 11.0 - 11.5 - 11.8 - 12.0 - 11.8 - 12.3
(02)(11) 出遅れ 1馬身 不利

=過去5年との比較=
開催優勝馬性齢斤量時計ランク完T差馬場差補9レート次走
143名4ベストウォーリア牡4 56 1226DC+0.7-1.2112108 
133名4アドマイヤロイヤル牡6 56 1219CB-0.2-1.0113107南部杯5着
122名4トシキャンディ牝6 54 1226CC+0.2-0.7110103サマーCh7着
114京4シルクフォーチュン牡5 56 1221CC-0.2-0.1118107BSN賞3着
103阪8ケイアイガーベラ牝4 54 1218CC-0.1-0.9119106エニフS1着
093阪8ランザローテ牡6 56 1227DC+0.6-0.7110107サマーCh2着
 
タグ :

七夕賞結果

七夕賞結果
4角位置=「最」は最内、「大」は大外

ペース  M
通過タイム   34.8 - 46.8 - 58.9 - 1:10.8 - 1:22.7 - 1:34.3 - 1:46.1
ラップタイム  12.2 - 11.4 - 11.2 - 12.0 - 12.1 - 11.9 - 11.9 - 11.6 - 11.8 - 12.6
(10) 出遅れ 1馬身 不利

=過去5年との比較=
開催優勝馬性齢斤量時計ランク完T差馬場差補9レート次走
142福4メイショウナルトセ6 56 1587DD+0.4-0.2118109 
132福4マイネルラクリマ牡5 57 1589CC+0.3+0.1115111小倉記念3着
122福8アスカクリチャン牡5 55 2011ED+1.5+0.9112105小倉記念6着
113中8イタリアンレッド牝5 52 2005EC+1.8-1.1111100小倉記念1着
102福8ドモナラズ牡5 52 2004ED+1.2+0.5103099小倉記念11着
092福8ミヤビランベリ牡6 57 2002EC+1.5±0115110札幌記念14着
 
タグ :

プロキオンS予想

プロキオンS予想
★オッズは10時18分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 前日の時計は2Rのダ1400はかなり遅かったが、6Rの3歳未勝利のダ1200が過去3年平均(1分12秒88)に対して1分12秒4、古馬1000万の尾頭橋特別は去年が馬場差-1.1で1分11秒0だったのに対して1分10秒8だから、雨の影響が残って時計は出ている状態。1日でどこまで乾いてくるかだが、基本は時計勝負だろうか。

 本命はベストウォーリア。
高速馬場だった1、4、7走前が2、1、1着でレコード勝ちあり。直線の長いコースはGⅠで大敗した3走前を除いて3-2-1-0/6。標準馬場の500万や地方の良馬場で凡走歴があるので、実績的にも時計勝負になってくれた方がより合いそう。午後から雨予報だった京阪神地区は朝から降っているので、夕方からの雨予報になっている中京競馬場も降り出しが早まればさらに有利に働くだろう。

 アドマイヤロイヤルは前年の覇者でこのコースのレコードホルダー。ダ1400~1600は24回出走して、掲示板を外したのが3走前のフェブラリーSだけ。ここも堅実に走りそう。シルクフォーチュンは12年、13年と続けて最速上がりで0.2秒差5着。走るレースは走り、走らないレースは走らない傾向の馬なので今年も同程度までは突っ込んできそう。あとは展開の助けがあればだが、今年は過去2年56キロだったアドマイヤが57キロになり、57キロだったシルクが56キロになる点でやや有利。

 大穴でスリーボストン。この馬は馬場差マイナスの条件で8-3-0-1/12、±0~プラスの条件で0-1-1-7/9と極端な成績を残している軽い馬場タイプ。近3走は馬場が軽くなかったのでノーカウントでいいが、それでも2走前に0.4秒差に走っているので、GⅢの家賃が丸っきり高いという訳ではないはず。地元馬主の永井商事だし、天候不順は中間から計算できたはずなので、一発狙って仕上げてきていれば。
 
タグ :

七夕賞予想

七夕賞予想
★オッズは9時13分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はマイネルラクリマ。
JRA成績は直線平坦コース(函館、福島、新潟、京都、小倉で計5-3-2-1/11)と、直線坂コース(東京、中山、阪神で計0-2-2-8/12)で傾向がセパレートできるタイプで、平坦コースでの着外は明らかに立ち回りがまずかった4走前の京都金杯だけ。前走は海外遠征帰り、坂コース出走、調教軽めでも2着に走ったので反動の心配は多少あるが、今回は得意の平坦コース出走で、調教も当週5F70秒台の軽めは同じながら5日に南W 83.6 - 68.7 - 54.2 - 40.1 - 12.7(9) の時計は出せているので、デキ落ちさえなければ軸信頼で。

 相手はこのレースの穴パターンであるニジンスキー内包馬。グランデスバルは父アドマイヤジャパンの母ビワハイジがCaerleon産駒。昇級戦の目黒記念がラブリーデイから0.4秒差。東京芝2500で差し馬の流れだったから、距離・コース替わり、昇級2戦目の格下げ戦で前進があっても。ヴィクトリースターは母ヴィクトリークライがCaerleon産駒。昇級戦のハンデ53キロ。直前好走馬が少ないので勢いを買うなら。

 マデイラは3代母Russian BalletがNijinsky産駒。昇級戦の前走は1分46秒0で走っても2秒1負けてしまう超高速決着。小回りコース替わりで馬場レベルも替わるので、別定56キロからハンデ54キロで改めて。ラブリーデイは母父ダンスインザダークの母ダンシングキイがNijinsky産駒。実績組からはこの馬も。メイショウナルトは2代母マーチンミユキがマルゼンスキー産駒。小回りコースの内枠イン差しは5、6、8走前と直近の該当3回で連対しているので、条件的には大外枠だった前走よりいいはず。
 
タグ :

CBC賞結果

CBC賞結果
4角位置=「最」は最内、「大」は大外

ペース  M
通過タイム   34.2 - 45.5 - 56.9
ラップタイム  12.1 - 11.0 - 11.1 - 11.3 - 11.4 - 11.7
(14) 出遅れ 1馬身 不利
(06) 出遅れ 1馬身半 不利
(04) 4角 躓く 不利 

=過去5年との比較=
開催優勝馬性齢斤量時計ランク完T差馬場差補9レート次走
143名2トーホウアマポーラ牝5 53 1086DC+0.4-0.5107103 
133名2マジンプロスパー牡6 58 1080CC±0-0.8115111スプリンターズS4着
122名2マジンプロスパー牡557.51087CC+0.1-0.1112110セントウルS11着
113阪4ダッシャーゴーゴー牡458.51081DC+0.4-0.4116111セントウルS3着
104京8ヘッドライナーセ6 56 1089EC+0.8+0.2109106セントウルS4着
093名8プレミアムボックス牡6 55 1080ED+1.0-0.6104104キーンランドC4着
 
タグ :

ラジオNIKKEI賞結果

ラジオNIKKEI賞結果
4角位置=「最」は最内、「大」は大外
〔発走状況〕 ラリングクライ号は,枠内駐立不良〔立上る〕。
〔調教再審査〕 ラリングクライ号は,発走調教再審査。

ペース  H
通過タイム   34.2 - 46.1 - 58.2 - 1:10.5 - 1:22.5 - 1:34.2
ラップタイム  12.2 - 10.4 - 11.6 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.0 - 11.7 - 11.7
(11) 出遅れ 1馬身 不利 

=過去5年との比較=
開催優勝馬性齢斤量時計ランク完T差馬場差補9レート次走
142福2ウインマーレライ牡3 54 1459CC±0-1.0102105 
132福2ケイアイチョウサン牡3 54 1479SC+1.6-0.9 97105セントライト記念5着
122福6ファイナルフォーム牡3 54 1479DC+0.6-0.1100105富士S2着
113中6フレールジャック牡3 54 1469DD+0.6-1.3101105神戸新聞杯3着
102福6アロマカフェ牡3 55 1473DC+0.8-0.4102106セントライト記念3着
092福6ストロングガルーダ牡3 56 1483DC+0.5+0.5102104富士S8着
 
タグ :

CBC賞、ラジオNIKKEI賞の予想印

CBC賞予想
★オッズは7時42分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

ラジオNIKKEI賞予想
★オッズは7時50分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

  昨日今日とゆっくり予想文を書いている時間が取れないので、今週は両重賞とも印のみで失礼しますm(_ _)m
 
タグ :

宝塚記念結果

宝塚記念結果
4角位置=「最」は最内、「大」は大外

ペース  S
通過タイム   36.4 - 49.6 - 1:02.4 - 1:14.5 - 1:26.5 - 1:38.3 - 1:50.0 - 2:01.8
ラップタイム  12.9 - 11.6 - 11.9 - 13.2 - 12.8 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.1
(11) 出遅れ 1馬身 不利

=過去5年との比較=
開催優勝馬性齢斤量時計ランク完T差馬場差補9レート次走
143阪8ゴールドシップ牡5 58 2139CB±0+1.8125  
133阪8ゴールドシップ牡4 58 2132DB+0.5+0.9126124京都大賞典5着
123阪8オルフェーヴル牡4 58 2109BB-0.6-0.3127125フォワ賞1着
114阪4アーネストリー牡6 58 2101CB±0-1.7124121オールカマー1着
103阪4ナカヤマフェスタ牡4 58 2130DC+0.7+0.6122120フォワ賞2着
093阪4ドリームジャーニー牡5 58 2113DC+0.5-1.2123121オールカマー2着
 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。